MoonCupRoof

劇作家・演出家、萩谷至史の日々のあれこれ、や、短い作品たち

#3 「雨」

ジリリリリリリ



ぼんやりと覚醒した、ワタシ、の、耳に入ったのは、雨の音、だった。


何かをやらなければいけない日は、必ず雨が降る。
憂鬱、だから、布団に潜って、一旦、現実から目を逸らす。一旦。


ワタシ、は、こうやって、なんか、こう、起きて、出掛けなければいけない、のだ、けれど、それは、なんか、何か、昔から、みんなと同じことをする、集団行動、とか、そういうのが、嫌いだった、ことも、あるのかもしれない、なぁ、と、思った、ときに、目覚まし時計がなっていることに気がついた。


ジリリリリリリ


あー、、、

ぼんやりと覚醒した、のではなく、目覚まし時計に、起こされた、のだ、と、いうことに気がついた。このまま布団にいられたら、と、思わない日はない。


、雨の音。


重い身体を起こして、キッチンに行く。
蛇口からは、水滴が垂れていた。昨日、閉め忘れたらしい。


、雨の音。


ワタシ、は、落ちていく水滴、を、数、え、る。


、雨の音。


ひと粒ひと粒落ちていく、水滴、が、シンクに落ちる、音。
、外の雨、の、音、は、いくら開いても永久に開ききることの無いカーテン。
サーっ、と、激しくなってきた。

十粒。蛇口から落ちる水を数える間に、何粒の雨粒が地面に落下する、のだろうか、と、思った。
あまりにも多すぎて、一粒ひと粒の音、では判別出来ない。


ワタシは、一杯水を飲む。血液が巡って、脳、が、動き出す。
着替えて、化粧をして、スタイリングをして、銃を持って、鍵を持って家を出る。
今日は、首都の殲滅作戦だ。何人の、友達が死ぬのだろうか、と、思う。

行ってきまーす。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
無数の雨粒が地面に叩きつけられている中、ワタシは、外に出る。



蛇口からは、一粒、一粒、水滴、が、落下、していた。



蛇口を締めに帰るためにも、ワタシ、は、死んではいけない。