MoonCupRoof

劇作家・演出家、萩谷至史の日々のあれこれ、や、短い作品たち

#11「カスタードクリームを食べながらおもいついたから、それと関係があるんだと思う」

 

f:id:hagiya4423:20171102233200j:plain

 

起き抜けに見る夕日の気持ち悪さ、

 

薄暗い部屋を見回す。

四畳半の部屋にはビールやチューハイの空き缶が大量に転がっている。

テーブルの上には無造作に開封され、放置されたポテトチップの袋。

 

二日酔いだった。

けれども、何の問題はない。

バイトは二日前にやめていた。今は何もする事がない。

大学生だったらば、学校でもさぼろうか、なんて言って、安心してもう一眠りをするのだけれど……。

何も無いと、何もできない。

サボることが無い、というのは、こんなにも不安なことなのだろうか。

 

僕はポテトチップスを一枚取って口に入れた。なんとも退廃的な塩味だった。

 

昨日、彼女は泣きながら家に来た。

だから、僕たちはコンビニでしこたま酒とお菓子を買った。そして、泥酔して、ドロドロのセックスをして、泥のように眠った。

 

「あ、おはよう」

彼女がモヤモヤとした声で目を覚ました。

「頭」「うん、痛い」「だよね」

「半分狙ったけど」

「こっちは狙ってない」

「ドンマイ」

「コーヒー飲む?お湯、わかした」

「ドリップ、あ、インスタントじゃなくて、って、意味」

僕は、キッチンで、使い切りのドリップコーヒーの袋とマグカップを二つ、準備した。

 

 

夕方、外ではしゃぐ子供の声。この世界が、いかに自分を無視して回る事ができるかを教えてくれる。

 

子供。

小さいとき、ドジョウを買っていた。

その水槽の底には沢山の泥が敷き詰められていた。

ドジョウが死んだ後、僕は水槽をしばらく放置してしまった。

その結果、泥はとんでもない匂いを発し始めた。

臭い、吐き気、この、二日酔いのような。

 

「なんかさ、ヘルメット」

彼女は部屋の隅にある黒いヘルメットを見つめていた。昔、バイクに乗っていた時に使っていたものだ。

なんかさ、で始まるとき、彼女は絶対に昔の話をする。

「3年前、ヘルメットがさ、死んだの、その、ヘルメットで、っていうか、ヘルメットがあっても、突然だったの、あ、私の友達がね、死んで、あまりにも突然で、なんか、おじいちゃんと、おばあちゃんが死んだのとは違う。あ、バイク事故だったんだけど、あー、ドラマとかで良く聞く、受け入れられないって、コレなんだなって」

 

ドリップされているコーヒー。黒い液体が、一滴、一滴。

 

「結局、駄目なときは駄目なんだよね、ヘルメット被っても」

 

マグカップにコーヒーが一杯になる。少しだけぼんやりと、黒い液面を眺めた。

 

「行くの?」

僕は全裸で夕日を眺める彼女にカップを渡した。

「まあ、行くしか無いっしょ」

「落ち着いた?」

「うん、その、電車、あ、チューハイの桃味って、あれ、昨日飲んだやつ、頭痛いけど、隕石もあるけど、あれ、美味しかったね、あ、多分、大丈夫、おかげさまで、電車、あ、ちゃんと、」

「もう夕方だね」

「あ、先にシャワー浴びないと、てか、大丈夫?、あ、コーヒー、変えたでしょ、あ、この桃味のやつって、あれか、前に、イチゴ味まずかったやつ、てか、間に合うかな、てか、ポテチとコーヒーって全然合わないね」

「気をつけて」

「借りてっていいの?このヘルメット」

「バイクはもう乗らないからね」

「ありがとう」

彼女はヘルメットを被った。全裸にヘルメットを被った彼女は、何か均衡を失した存在のように見えた。

「これで大丈夫かな」

「多分」

「不安」

「じゃあ」

 

僕は彼女の被っていたヘルメットにキスをした。冷たかった。

「これで大丈夫なの?」

「ヘルメットにキスしただけだけど」僕は言った。

「私は何も感じなかったよ」彼女は言った。

「それはヘルメットを被ってるからだよ」

「シャワー、あ、電車の時間、は、後でいいか」

 

彼女はタオルを取って、シャワー室へ行った。

 

僕は携帯を手に取り、ニュースを見た。

『昨夜、隕石が落下したA街は、現在壊滅状態です。道路には交通規制がかかっており、住人の家族のみ、入る事ができます。倒壊しそうなビルもいくつかあるため、頭部を保護するヘルメット等の着用が義務づけられております』

 

僕は退廃チップスを一枚口に入れ、ベッドに入る。

ベッドの中では、あの、ドロドロのセックスの臭いが漂っていた。

 

僕はドジョウの水槽を思い出す。

臭くなった水槽を洗うのが嫌で、こっそり家から持ち出した。

そして、近所にあった公園の岩に思い切り叩き付けて、割った。泥が飛び散った。

 

何故、彼女はヘルメットの話をしたのだろう。町の様子を見に行く前に。

僕は、彼女が置いたヘルメットにもう一度、キスをした。

冷たかった。