MoonCupRoof

劇作家・演出家、萩谷至史の日々のあれこれ、や、短い作品たち

#9「端」

f:id:hagiya4423:20171018114250j:plain

「端」はとても近かった。

三十分くらいだろうか。雨の渋谷の街をさまよっていたら、迷い込んでしまった。

「端」はとても遠いところのイメージだったので、迷い込む事があるなんて、夢にも思ってみなかった。

 

そこは、ちょっと薄暗くて、うっすら公衆便所のような匂いがした。

両側はコンクリートの建物の、薄汚れた壁。壁には「PEACE」とスプレーで落書きがしてある。

空気は雨のせいで、陰気だった。当然、自分以外は誰もいない。

 

―地面には、はっきりと、ここが端だと言う事を示す線がひかれていた。

 

ネズミが壁に空いた穴から姿を見せて、一瞬で別の壁の穴に姿を消した。

 

ここには来ないようにしていた。正確に言うと、来ないように教育されていた。

危ないから。そう、小学校の先生は言っていた。

そのせいで、同級生もみんなそう言っていた。

僕もそう思っていた。けれど、来てしまった。

 

せっかくきたのだから。端に、もう少しいてみよう。

 

「What are you doing in such a place?」

「え?」

 

地面にひかれた線の向こう。同じような「端」にソイツは立っていた。

僕と違う顔をしていた。

僕と違う言葉を喋っていた。

僕と違う何かを持っていた。

 

"It's my first time talking with the person who is over the line."

「何言ってるの?」

"Ah…well…"

「えっと……元気?」

"Why did you come here?"

「何をしてるの?」

"I wish I understood what you said"

「ねえ、そっちは、どんな感じ?」

"I have a question. Is your place fine?"

「そっちでは、人は死んでない?」

"I hope you not to have hard days."

「なんか君とは友達になれそうな気がするんだ」

"You look so sad, why?"

「なんだか、端、も、悪くはないんじゃないか、と、思うんだ」

 

Suddenly, a police came to him.

The police held his arm, and quickly took him to somewhere.

Probably, somewhere awful. I hoped he was not going to be killed.

 

I was alone here, in front of the line.

 

It still rained.