MoonCupRoof

劇作家・演出家、萩谷至史の日々のあれこれ、や、短い作品たち

#7 「シェリー、のち、泡盛」

 

f:id:hagiya4423:20171010000008j:plain

 

「クソ彼氏」

 

私は泡盛を飲み終えて、乱暴にグラスをテーブルに置くと、つぶやいた。

泡盛の独特の味が、口と脳を満たしていく。

 

あのクソ彼氏は、私の事を1時まで待たせた挙げ句、「ごめん、飲み会抜けられなくて!」というLINEを送ってきた。

 

だから、私は、孤独にバーにいる。

小さな駅の小さなバー。

すでに3時。火曜日の深夜。客は2人しかいなかった。

もう一人は男で、そんなに高くは無いであろうスーツを着ている。

30歳くらいか。二つとなりの席でブラックニッカを飲んでいた。

 

私はこの場所が好きだ。

なぜなら、シェリー酒と泡盛があるからだ。

私はいつも、シェリー酒を飲んで、その後に、泡盛を飲む。

ここでは、両方飲んでもたった千円で済んでしまう。最高だ。

ある日、マスターが誇らしげに「ここには六種類のシェリー酒と四種類の泡盛があるんですよ」なんてことを言っていた、が、私にとってはそんなことどうでも良かった。

私に必要なのは、シェリー酒を飲んで、その後に泡盛を飲むことだけだ。味なんてどうでもいい。

 

シェリー飲んだ後に泡盛飲むなんて、悪趣味」

二つ隣の男が近寄ってきた。

「しかも、美味しくないやつ選んだっしょ?」

うわ、絶対めんどくさい人だ、と、思った。が、そういう風に、色々言ってくる男は嫌いじゃない。私の飲み方が変なのは知っている。だから、逆に、その飲み方素敵です、とか言ってくる男の方が信用できない。

 

「ここ、良く来るの?」

「まあ」

「俺、ここ初めてなんだけど、いいとこだね」

「そうね」

「知ってる?ここ、めっちゃ美味しいシェリーがあるんだよ。さっき見つけた。そっち飲みなよ。おごるから」

最初、私は断ったが、注文してしまった。

 

私は、意見をしてくる男が好きだ。けれど、無理矢理私を変えようとする男は最悪だ。

めんどくさい。知ってる。けど、それが私だから。

 

マスターは、私の方をちらっと見た。私は、仕方が無く無言で頷いた。

グラスにシェリーが注がれている間、男はシェリーに関するどうでもいいうんちくを垂れていた。

「飲んでみ」

グラスに注がれた「美味しい」シェリーは、さっき飲んだやつと全く同じに見えた。

うざったい視線を感じながら飲んでみる。シェリーの味が泡盛に満たされた口と脳を侵蝕してきた。

「そんな男と一緒にいない方がいいよ」

「え?」

「さっきマスターに愚痴ってたの聞いたよ。ひどいね。」

「私もそう思う」

「でしょ」

 

彼は、私の手を触ってきた。

 

だから、私は、彼の手を思い切り叩いた。

彼は呆気にとられて私を見た。

 

「ブラックニッカを味わったあとに女を味わうなんて、悪趣味」

私は、意見をしてくる男が好きだ。けれど、無理矢理私を変えようとする男は最悪だ。

 

私はシェリー酒を一気に飲み、立ち上がる。

三時半。いい時間だ。

私は千円札を置き、男を残して外に出た。

 

外の風は冷たかった。もう10月になってしまった。

私は、クソ彼氏のことを考えた。きっと家に帰ってきてるだろう。

シェリー酒を飲んだ後に泡盛を飲むという、悪趣味の男は、だいたい日の出前には家に帰っている。オールができないのだ。

 

あいつの家には泡盛があったはず、たしか。

 

 

私は、シェリー酒の後には泡盛を飲まなければいけない。