MoonCupRoof

劇作家・演出家、萩谷至史の日々のあれこれ、や、短い作品たち

#6「フマゴンの夜」

f:id:hagiya4423:20171004005124j:plain

「ちょうどここよ」

 

真夜中、家から少しだけ離れた公園。キミは立ち止まって話しだした。

 

「ある日、真夜中、まだ誰もいない時間に、突然それは産まれたの。何の前触れも無く。そうして、怪獣フマゴンは闇夜に溶けて、時々、人々を不幸のどん底にたたき落とすの。」

 

静まり返った公園に、キミの声だけが聞こえる。

 

「なにそれ?」

 

「職場の人から聞いたの」

 

「……で?」

 

「面白くない?」

 

「それだけの事を話すために、わざわざここまで連れ出したの?」

 

キミはふまふまと笑っていた。

 

「帰るよ」

 

早く帰りたかった。僕はあきれていた。

けれど、理由はそれだけではなかった。

キミの穿いていたロングスカートが、キミごと夜の闇に消えてしまいそうな気がして怖かった。

 

だから、手を握って、歩き出す。

 

「怖かったんでしょ」

 

「え?」

 

「フマゴンの話」

 

何も言わずに強く手を握ったら、

何も言わずに強く手を握られた。