MoonCupRoof

劇作家・演出家、萩谷至史の日々のあれこれ、や、短い作品たち

#13 "Red"

f:id:hagiya4423:20171117011053j:plain


Blue, It was completely blue.

In the small garage of my house, shutter was closed.

There was a piece of paper which was A3 in size in front of me. It was painted all blue.

Was it sea, night, sky, or mind?

Or all of them? The blue looked absorbing everything.

 

Silent night, the air in autumn was cold.

I was shivering in my sweater.

Cold, but my heart was beating.

It started to wind outside.

The wind struck the closed shutter.

The voice of the world was howling in the night.

 

It was in noon today when I was 19 that I knew that  how a flower base is broken when I punch it.

I had got an e-mail just before. It said  that I had failed to get a work as a dancer..

This was the audition I had taken two weeks before.

Depressed, I had had many times.

Because of irritation, I punched a base in my room.

The base had been broken into a piece with a big sound.

When my mother  came to my room, I stood with back of my hand bleeding.

 

After I had had my mother put an adhesive bandage on back of my hand, I sat in my room without thinking something for a while.

When it became evening, I saw a world map on my room's wall.

 

That's why,

That's why I ran out of my house and went to a store for painting materials to buy blue paint .

And then I went into the garage with the map.

 

I painted the map all blue.

Paint was scattered on the floor and my sweater.

Continents were all sunk into blue.

It was fine.

If I keep seeing one continent, I can't go another one.

 

I could hear sound of the rattling shutter.

The world was howling like shivering.

The creaking sound of the world sounded sad.

I danced with the sound, the world.

Dance, in the lonely sea, night, sky,and mind!

 

My feet was hopping on the floor of the garage and the blue world map.

Blue paint was not still dry, so my feet was getting blue,.

Dance, in the lonely sea, night, sky,and mind!

 

 

The wind had stopped.

The world also had stopped howling.

Only my breath and heart beating sounded in  In the garage like being in someone's womb.

I peeled off the bandage on my hand.

I saw my hand wounded.

 

.

 

A drop of blood fell on the blue world map.

#13「Red」

f:id:hagiya4423:20171117011053j:plain

青だ。完膚なきまでに青。

家の小さなガレージの中。シャッターは閉まっている。

目の前には、青色に塗りつぶされた紙が一枚。

海だろうか、夜だろうか、空だろうか、心だろうか。

あるいは、その全て。全てを飲み込んでしまう青。

 

静かな夜。秋の大気は冷たい。私はセーターの中で震える。

寒い、けれども、心臓は確かに動いていた。

外では風が吹き出した。

閉じられたシャッターが風に鳴る。

夜に、世界の声がこだましているようだった。

 

植木鉢というのは、殴るとあんな感じに壊れるのだ、と言う事を今日、19歳の昼下がりに初めて知った。

オーディションの落選の通知はメールで来た。

二週間前に受けた、ダンサーの仕事のオーディション。

何度目かわからない、失望。

いらだちまぎれに、部屋にあった植木鉢を思い切り殴った。

植木鉢は大きな音を立てて割れた。

音に驚いて母親が部屋に来たとき、私は手の甲から血を流して突っ立っていた。

 

母に絆創膏を貼ってもらったあと、しばらくの間、部屋でぼんやりと座っていた。

夕暮れを迎えるころ、部屋の壁に貼られた世界地図が私の目に入ってきた。

 

だから、

だから、近所の画材屋に走って青いペンキを買った。そして、世界地図と一緒にガレージに入った。

 

私はそこで、世界地図の表面を青く塗りつぶした。

ペンキはガレージの床に、セーターに、飛び散った。

大陸は全て青に沈む。

これでいい。

一つの陸地を見続けていたら、別の大陸に行く事はできないのだから。

 

シャッターの音。

世界は震えるように鳴いていた。

鳴き声、の、悲しくきしむ音。

私は、その声と踊る。世界と踊る。

踊れ、孤独な海を、夜を、空を、心を!

 

私の足は、ガレージの床を、青い世界地図の上を弾む。

乾いていない青いペンキが足の裏に付いた。

踊れ、孤独な海を、夜を、空を、心を!

 

……。

 

風がやんだ。世界も、鳴きやんだ。

ガレージの中は、私の呼吸と拍動だけが響く。

まるで胎内のようだった。

私は、手の甲の絆創膏をはがした。

手は傷ついていた。

 

 

赤い血が一滴。

真っ青な世界地図に落ちた。

#12 "The Duty"

f:id:hagiya4423:20171110155422j:plain

 

I have been on an egg.

For about 2 months.

 

On that night,  I was walking to go back home from my office as usual.

That day was a boring day as usual.

When I was thinking about sarcastic comments made by my manager and half price delicatessen in supermarket, I suddenly  lost consciousness.

 

And then, I found myself being on the egg.

The radius of the egg was more than 3 meters.

I didn't know where the place was.

 

The egg was put on the center of a small concrete room.

There was a stepladder beside the egg.

I climbed down the stepladder and I found a piece of paper. It said"The Instruction Manual".

Another thing I could find in the room was only futon.

I looked out from the only window this room had.

The greenfield spread as far as the eye could see.

A little Far away, there was a river flowing slowly.

 

I wondered where it was.

My phone's battery was over.

I checked "The Instruction Manual"

 

"A spirit is in the egg

It is to protect us.

If it failed to be born safely, we would be ruined.

Somehow, YOU have to hatch the egg safely.

You can do it!!"

 

What did it mean?

"You can do it"? It was totally fool!

 

But I couldn't do another thing. So, I decided to sit on the egg to hatch safely.

At first, I was anxious about foods. But, oddly enough, I haven't felt hungry at all.

I could drink water from the river.

 

Without me, a spirit couldn't be born, and "we would be ruined".

I feel I have to stop it by myself.

I don't know if I am included in "we".

This responsibility is bigger than that of my work.

I don't know why, but , it reminds me of school lunch duty in elementary school.

 

I wonder when will the egg hatch.

I guess it perhaps takes many years, because it is so big.

But I don't care.

 

I can do it.

 

#12「任務」

f:id:hagiya4423:20171110155422j:plain

 

卵の上に座っていた。

二年くらい経つだろうか。

 

その日の夜は、いつものように仕事を終えて、家に帰る途中だった。いつものようにつまらない一日。上司の嫌味とスーパーの半額総菜のことを考えていたとき、突然意識を失った。

 

気付くと、僕は半径三メートルはある卵の上に座っていた。

僕の知っている場所ではなかった。

 

卵は灰色のコンクリートでできた小さな部屋の中央に置かれていた。

脇には卵の上に昇るための脚立があった。降りると、床には「取扱説明書」と書かれた一枚の紙。

他に、部屋の中には布団が一式あるだけだった。

一つだけある窓から外をのぞくと、一面、草原だった。少し向こうに、小さな川が緩やかに流れていた。

 

一体ここはどこなのか。携帯電話は電池が切れていた。

取扱説明書を見てみると

 

『この卵の中には神様が入っています

 私達を守ってくれる神様です

 無事に産まれないと、私達は滅びます

 なんとしても無事に孵さなければいけません

 がんばりましょう』

 

何が「がんばりましょう」だ。

しかし、まあ、帰り道はわからなかったので、僕は仕方なく、卵の上に座って孵化させてみる事にした。

最初、食料の心配があったが、不思議とお腹が空かなかった。

水は近くの川から飲んだ。

 

自分がいないとこの神様は産まれない。

「私達は滅びます」

それだけは阻止しなければいけない、気がする。

「私達」に僕が入っているのかはわからないけど。

仕事よりも、責任が重大だ。

なぜか、小学校のときの給食係を思い出した。

 

卵は、一体、いつ孵るのだろうか。

こんなに大きいのだから、何年もかかるかもしれない。

けれど、それでいいと思った。

 

がんばろう。

#11 "I came up with this when I ate custard cream. So, It has some relevance to it"

f:id:hagiya4423:20171102233200j:plain

I woke up and saw the disgusting setting sun.

 

I looked around in my gloomy room.

A small room. There were a bunch of empty beer and sour cans on the floor.

There was a bag of chips which had been opened and left roughly.

 

I had a bad hangover.

But, there was no problem.

I had quit a part-time job two days before and I had nothing to do.

If I had been a student, I would have ditched a class and slept again.

I could do nothing, when I had nothing.

It was annoying not to have nothing to ditch.

 

I ate a chip. That salt taste was so decadent.

 

Yesterday,  she had come to my house while crying.

So, we had gone to a convenience store to buy a bunch of alcohol and snacks.

Then, we had become drunken like sludge, had sex like sludge, and slept like sludge.

 

"Ah…morning."

She woke up and said with floating voice.

"My head" "Yeah, aching." "I know."

"I aimed this, to some extent."

"I didn't"

"Too bad."

"Wanna coffee? I boiled water."

"Yeah, drip one, oh, I mean not a instant one.

I went to the kitchen.

I took two mugs and and drip coffee.

 

Preparing them, I heard children enjoy happily from outside.

 

It told me the Earth can be spinning ignoring me.

 

Children.

When I had been a small kid, I had kept loaches.

There were a lot of mud at the bottom of the fish tank.

After the loaches' death, I had left the fish tank for a long time.

Then, because of this, the smell of mud had turned so badly.

Odor…disgusting…like…this hangover.

 

"Well, helmet"

She was gazing at a black helmet which was put at a corner of my room.

It had been used when I had ridden a motor bike.

When she speaks starting with "Well…", she always speaks about her past.

"Three years before, a helmet, died, ah, not a helmet but being with a helmet, suddenly,

ah, about my friend, died, it was too sudden, different from the death of my grand father or grand mother, I felt, with a motor bike, yes.., it was the accident, ah, I thought this was an unacceptable thing, I had often seen such a case in TV drama.

 

During her talk coffee was being dripped, falling black drops.

 

"Even if we wear a helmet, we can't be always safe."

The mugs were filled with coffee. I vacantly saw the black surface for a while.

 

"Are you going?"

I brought the cup to her. She was naked and gazing at the sunset.

"I think I have no choice."

"Have you already become calm?"

"Yes, ah, a train, oh that sour, I mean peach taste one we drank yesterday, but, I have a headache, of course, I have to think of the meteorite, anyway, that taste was good, wasn't it?, yeah, probably , I'm okay."

"The sun is setting."

"Oh, before I go, I have to take a shower, by the way, are you okay?, oh, you changed taste of coffee."

"Be careful."

"Can I really use this helmet?"

"Of course, I don't ride a motor bike anymore."

"Thanks."

She wore the helmet with naked body.This make her something which had lost balance.

"Am I protected?"

"May be."

"I'm anxious."

"So…"

 

I kissed the helmet. It was cold.

"Is it really okay?"

"I only kissed the helmet", I said.

"I couldn't feel anything", she said.

"Because you are wearing the helmet."

"Anyway, I'll take a shower, oh, I have to check the time for a train to go my hometown, but, oh, it's not too late after taking a shower."

 

She took a towel and went into the bathroom.

 

I took my phone. The news I saw said,

"The town where the meteorite struck yesterday is completely ruined. Now only people who allowed to enter the town is their families. And they have to wear something to protect their head because the buildings are corrupting."

 

I took a decadent chip into my mouth and went to my bed.

I could feel the smell of sludge-like sex.

 

I remembered the fish tank.

I hadn't wanted to wash the fish tank emitting disgusting odor so I had taken it out of my house.

Then, I had gone to a park and struck it against a rock.

The fish tank had been totally broken and mud had been scattered.

 

I wondered why she had talked about the helmet before she goes back her town.

 

I kissed the helmet again.

It was cold.

 

#11「カスタードクリームを食べながらおもいついたから、それと関係があるんだと思う」

 

f:id:hagiya4423:20171102233200j:plain

 

起き抜けに見る夕日の気持ち悪さ、

 

薄暗い部屋を見回す。

四畳半の部屋にはビールやチューハイの空き缶が大量に転がっている。

テーブルの上には無造作に開封され、放置されたポテトチップの袋。

 

二日酔いだった。

けれども、何の問題はない。

バイトは二日前にやめていた。今は何もする事がない。

大学生だったらば、学校でもさぼろうか、なんて言って、安心してもう一眠りをするのだけれど……。

何も無いと、何もできない。

サボることが無い、というのは、こんなにも不安なことなのだろうか。

 

僕はポテトチップスを一枚取って口に入れた。なんとも退廃的な塩味だった。

 

昨日、彼女は泣きながら家に来た。

だから、僕たちはコンビニでしこたま酒とお菓子を買った。そして、泥酔して、ドロドロのセックスをして、泥のように眠った。

 

「あ、おはよう」

彼女がモヤモヤとした声で目を覚ました。

「頭」「うん、痛い」「だよね」

「半分狙ったけど」

「こっちは狙ってない」

「ドンマイ」

「コーヒー飲む?お湯、わかした」

「ドリップ、あ、インスタントじゃなくて、って、意味」

僕は、キッチンで、使い切りのドリップコーヒーの袋とマグカップを二つ、準備した。

 

 

夕方、外ではしゃぐ子供の声。この世界が、いかに自分を無視して回る事ができるかを教えてくれる。

 

子供。

小さいとき、ドジョウを買っていた。

その水槽の底には沢山の泥が敷き詰められていた。

ドジョウが死んだ後、僕は水槽をしばらく放置してしまった。

その結果、泥はとんでもない匂いを発し始めた。

臭い、吐き気、この、二日酔いのような。

 

「なんかさ、ヘルメット」

彼女は部屋の隅にある黒いヘルメットを見つめていた。昔、バイクに乗っていた時に使っていたものだ。

なんかさ、で始まるとき、彼女は絶対に昔の話をする。

「3年前、ヘルメットがさ、死んだの、その、ヘルメットで、っていうか、ヘルメットがあっても、突然だったの、あ、私の友達がね、死んで、あまりにも突然で、なんか、おじいちゃんと、おばあちゃんが死んだのとは違う。あ、バイク事故だったんだけど、あー、ドラマとかで良く聞く、受け入れられないって、コレなんだなって」

 

ドリップされているコーヒー。黒い液体が、一滴、一滴。

 

「結局、駄目なときは駄目なんだよね、ヘルメット被っても」

 

マグカップにコーヒーが一杯になる。少しだけぼんやりと、黒い液面を眺めた。

 

「行くの?」

僕は全裸で夕日を眺める彼女にカップを渡した。

「まあ、行くしか無いっしょ」

「落ち着いた?」

「うん、その、電車、あ、チューハイの桃味って、あれ、昨日飲んだやつ、頭痛いけど、隕石もあるけど、あれ、美味しかったね、あ、多分、大丈夫、おかげさまで、電車、あ、ちゃんと、」

「もう夕方だね」

「あ、先にシャワー浴びないと、てか、大丈夫?、あ、コーヒー、変えたでしょ、あ、この桃味のやつって、あれか、前に、イチゴ味まずかったやつ、てか、間に合うかな、てか、ポテチとコーヒーって全然合わないね」

「気をつけて」

「借りてっていいの?このヘルメット」

「バイクはもう乗らないからね」

「ありがとう」

彼女はヘルメットを被った。全裸にヘルメットを被った彼女は、何か均衡を失した存在のように見えた。

「これで大丈夫かな」

「多分」

「不安」

「じゃあ」

 

僕は彼女の被っていたヘルメットにキスをした。冷たかった。

「これで大丈夫なの?」

「ヘルメットにキスしただけだけど」僕は言った。

「私は何も感じなかったよ」彼女は言った。

「それはヘルメットを被ってるからだよ」

「シャワー、あ、電車の時間、は、後でいいか」

 

彼女はタオルを取って、シャワー室へ行った。

 

僕は携帯を手に取り、ニュースを見た。

『昨夜、隕石が落下したA街は、現在壊滅状態です。道路には交通規制がかかっており、住人の家族のみ、入る事ができます。倒壊しそうなビルもいくつかあるため、頭部を保護するヘルメット等の着用が義務づけられております』

 

僕は退廃チップスを一枚口に入れ、ベッドに入る。

ベッドの中では、あの、ドロドロのセックスの臭いが漂っていた。

 

僕はドジョウの水槽を思い出す。

臭くなった水槽を洗うのが嫌で、こっそり家から持ち出した。

そして、近所にあった公園の岩に思い切り叩き付けて、割った。泥が飛び散った。

 

何故、彼女はヘルメットの話をしたのだろう。町の様子を見に行く前に。

僕は、彼女が置いたヘルメットにもう一度、キスをした。

冷たかった。

#10「おーどぱるふぁむ」

f:id:hagiya4423:20171026015559j:plain

むせ返るような濃密な香りの中、浮かぶ

無重力のような空間は私から方向を奪う。

私はどこにもいなくなる。

 

明るく輝く月は、乳白色の明かりで、ギリギリで存在する四角形の町並みを溶かしている。

蝶が飛んだ気がしたが、今は秋だから、それは、私の脳に作用する何れかの感覚が質量保存の法則を無視して飛ばしたのだ。

 

しつりょうほぞんのほうそく

 

高校二年生の夏休み、あの夕方のベンチ、部活の後、シーブリーズ。物理は苦手だった。世の中が解きほぐされてしまうような気がしたから。複雑でいてほしかった。少なくとも、方向のない空間を浮かぶことができるくらいには。

あれからしばらく経って、

私は物理とは無縁で、次々と現れるさびた人形のような音を立ててこちらに倒れ掛ってくる震え、と、共存する。

 

香りをまき散らさないように囲ってあるガラス。まき散らせないならば、私はまだ部活の後の制汗剤のシーブリーズの方がましだ。

叩き割るか。そして、この濃密なジャスミンとシダーウッドの香りを、月まで届けてみようか。

 

そうだ、夜は長い。