MoonCupRoof

劇作家・演出家、萩谷至史の日々のあれこれ、や、短い作品たち

Storyteller in art Vol.3「2つの太陽」with 井本幸恵

「Storyteller in art」第3回は陶芸作家の井本幸恵さんです。

現在、武蔵野美大に通っている彼女は、生活に根ざしたものを作る、というのをコンセプトに陶芸作品の制作、展示を行っています。

以前、吉祥寺で行なわれた展示で彼女の作品を最初に見ました。優しい質感・色がとても印象的で、なるほど、生活にふわっととけ込む存在だな、と思いました。

萩谷もそこで桜色のおちょこを買いました。それで飲む日本酒は、心も温かくしてくれます。

今回は、そんな彼女の作品にインスピレーションを受けました。

「生活に根ざした」というコンセプトから、あえて、逆のちょっぴりファンタジー風味です。お楽しみください。

 

f:id:hagiya4423:20171208171539p:plain



 

「なあなあ、太陽に水かけたらどうなると思う?」

 

広場の中央で、イタムは言った。

 

「何言ってるの?」

ぼくは、生き物の本に落としていた視線を上げ、横に立っていたイタムの方を見た。

イタムは、チャムイモの団子をボロボロこぼしながら食べ、キラキラとした目で空を見つめている。

ぼくたちは、街の真ん中にある石畳の広場にいた。広場には、今日もいくつかの露店と屋台が出ていた。イタムが食べている団子も、屋台で買った物だった。

同い年で、家が隣同士のぼくとイタムは、放課後、よくこの場所で喋ったり、おやつを食べたりしていた。

 

「なあ、どうなると思う?」

「太陽に水をかけたところで何も変わらないよ」

「なんで?太陽は燃えてんでしょ。そしたら、水かけたら消えるじゃん」

「そんなわけない」

「何で?燃えてるもんに水かけたら消えるじゃん」

「太陽はもの凄く高い温度で燃えてるの。だから、ちょっと水かけても、水が一瞬で蒸発してなくなっちゃうんだよ。この前、本で読んだ」

イタムは「ジョウハツ」と、首を傾げていたので、僕は蒸発の説明をしてやった。

「そうなんだ。ヴィルは、なんでも知ってる」

むしろ、イタムが何も知らなさすぎるんだ。今日も授業中眠っていたし、宿題もやってきてなくて、先生に怒られてた。イタムは学校では、外で遊ぶ事と、お昼ごはんを食べる事だけに命をかけている。

 

「なんで太陽に水をかけようと思ったの?」

「太陽を消したかったんだ」

またイタムは変な事を言う。

「消す?」

「そう、太陽を、消すんだ」

「どっちの?赤?青?」

「どっちがいいと思う?」

「えー」

ぼくは空を見上げた。空の低いところには真っ青な太陽が浮かんでいた。もうすぐ夕方だ。もうすぐ青い太陽が沈み、赤い太陽が昇ってくる。夜の空を支配する、赤い太陽。それが沈むと、また、青い太陽が昇る。ぼくは、交互に繰り返し昇っては沈む二つの太陽の片方が消えた世界を想像しようとした。しかし、それは、あまりに現実からかけ離れた事だったので、ぼんやりとしかできなかった。

「青い火の方が、温度が高いけど……」

「じゃあ、赤い方の太陽に水をかければいいんだ。赤い方は温度が低いから、消えるかもしれない」

「いや、それも無理」

「え?赤い方が低いんじゃないの?」

「とは言っても、何千度ってあるんだよ。無理。」

「そっか」

団子の最後の一口を口に投げ入れると、ため息をついた。

「駄目か」

イタムは、急に黙り込んでしまった。

落ち込んでしまったようだ。

 

「なんで太陽なんて消したいと思ったの?」

「夜、がさ、もっと暗くなったらいいなと思ったんだよね」

「何で?」

「暗いのって、綺麗じゃん」

「綺麗?」

「うん」

「そうかな」

「そうだよ。あーあ、もし、太陽が一個だけだったらなぁ」

「そういうことは考えるだけ無駄だよ」

太陽の無い時間は、きっと、とても暗い。気温だって下がるし、気分だって落ち込みそうだし、なにより本が読みにくい。そんな所、絶対に楽しくない。

 

「ウチの倉庫、扉閉めるとすっごく暗くなるんだよね。そこで、ロウソクを点けると凄く綺麗なんだ。暗い所で燃える火、見た事ある?」

「いや……」

「あのな、なんて言っていいかわからないけど、とにかく綺麗なんだよ。真っ暗な所に、火だけがゆらゆら揺れてるの。こう、ふわーって」

イタムの目は輝いていた。

「そういうの、ロマンチックでよくね?」

そう言えば、イタムは最近、クラスメイトのククによくちょっかいを出しては周りの女子に怒られていた。

「真っ暗な時間に、ロウソク付けてさ、誰かと一緒にそれを見るんだ。周りは暗くて、何も見えないから、俺と、その誰かと、火、だけになる」

「その誰かって、ククのこと?」

ぼくがそう言うと、イタムは目を大きくして、慌てて手足をバタバタさせた。

「は?別に関係ねーし、てか、ちげーし、てか、お腹空いたな」

チャムイモの団子を食べたばかりのイタム(絶対お腹いっぱいなはず!)は、すたすたと、果物を売る露店めがけて歩き出した。

 

 

ぼくとイタムは果物屋でペコの実を10粒買って食べた。

イタムは2個しか食べなかったので、ぼくは8個も食べるはめになった(やっぱりお腹空いてなかったんじゃないか!)。

イタムは果物を食べている間、いつもよりおとなしかった。

ぼくたちは、空を見上げた。夕方に近づいてきた。赤い太陽が少しだけ、顔を出していた。

夕方、ほんの数分だけ、青い太陽と赤い太陽が同時に見える時間がある。

その光景が見えたら帰る時間だ。

「かえろっか」

「そうだな」

 

 

ぼくとイタムが広場の出口まで行くと、陶器の露店があった。

淡いピンクとブルーの茶碗や湯のみが並べられていた。

「この赤いやつで水かけたら青い太陽が消えて、青いやつで水かけたら赤い太陽が消える」

ぼくは、気付いたらそんな事をつぶやいていた。なんでかはよくわからなかったけど。

「え?マジで?」

イタムは再び目を輝かせる。

「そんな訳無いじゃん」

「ふざけんなよ」

そんな訳無い、けど、もしそうならいいな、と、思った。

ぼくは太陽の光が届かない時間の事を想像した。

『ロウソク付けてさ、誰かと一緒にそれを見るんだ。周りは暗くて、何も見えないから、ぼくと、その誰かと、火、だけになる』

悪くない。

 

「ねえ、イタム、これ、買おう」

「え?」

「買って、太陽に水かけてみよう」

「火は消えなくても?」

「わかんないじゃん」

「無理って言ったじゃん」と、いうイタムを押し切って、ぼくは青、イタムは赤い茶碗を買った。

ぼくたちは広場の出口にある水道から水を汲む。最初は文句を言っていたイタムも、さっきまでの落ち込みはどこへやら。鼻歌なんか歌ってる。

「おい、ヴィル準備できたか?」

「おっけー」

 

イタムは青い太陽。ぼくは赤い太陽に向き合った。

ぼくたちは緊張していた。運動会のリレーで、自分の番が回ってくる直前のように。

心臓がどきどきする。なんでかよくわからないけど。

 

「せーのっ!」

 

夕方の広場、赤と青の太陽。赤と青の茶碗。

 

 

ぼくたちは、太陽に、水を、かけた。

 

***********************************************************************************************

 

井本幸恵/Sachie Imoto


静岡県静岡市出身。武蔵野美術大学油絵学科在学中。

大学にて陶芸を始める。普段使いの物を中心に制作。

 

Instagram:

https://www.instagram.com/imoto_sachie/?hl=ja

 

Storyteller in art Vol.2「The day of end and start」with Kohei Matsumoto

 

This time, I was inspired from songs by Kohei Matsumoto, singer.

 

I worked with him in a performance I wrote last week.

When I heard his song first time, I moved by his song.

His voice and words are wonderful.

His works are not too bright, but hopeful, I thought it shows our real hope...

 

f:id:hagiya4423:20171202230711p:plain



 

The first day comes after the final day.

 

I had just moved to this old Japanese traditional house, which had built 50 years before.

I was standing alone on tatami room, watching damaged wallpapers and pillars.

These sights makes me feel drained.

 

I had become 30 years old, and I had had to come back hometown.

I hadn't wanted to live with my parents. But, it had been foolish to rent my own room.

When I had thought like this, I had just heard a house my relative managing had become vacant.

So, I could rent at low price. It is said that life is lead by something invisible.

My life was lead to live in my hometown.

 

When I stood veranda, I could see a neighbor's garden.

I could see a thin maple tree and, next to this, big stump.

When I had been in  a kinder garden, I had used to watch a stump in a park every day.

"This ring on the stump is a growth ring. We can see how old this is by counting it."

I had been taught by my mother, then, I wanted to see increasing of the growth ring.

I had been to the park to see stump everyday,

But, finally, I couldn't see it.

 

Only living tree can grow.

I had understood that truth at that time.

 

Like only living human can grow.

 

"Well, What should I do from now on?"

I murmured sitting down on the veranda.

First, what I should do were unpacking and cleaning.

The problem was not these but the next.

I had to find job, but I had no idea about getting it.

I had thought I could find some job if I came back to my hometown.

 

I saw an ant walk carrying food.

Even insects are doing something.

I felt I am inferior to insects.

 

、、、、、、、、、、

 

When I had been in Tokyo, I had been drawing paint.

I had leaned oil painting in college.

After my graduate, I had been still drawing. paints.

I had spent time in my atelier all day. In a day I couldn't draw, I had drunk at standing style bar.

This had been the way of my forgetting something bad.

But this way had made my brain accelerate circulation of blood and negative thinking.

 

"The value of my life is less than insects."

On that day, I had been in my atelier doing nothing, and then, I  had drunk a lot of lemon sour.

After I had drunk, I had been walking to my room,

I had taken my phone from my bag.

It had been already 3 am.

"Is Shiori still awake?"

I sent her a message by LINE.

 

"I can't draw."

 

"I see."

I got her message after ten seconds.

 

"What are you deing?" "What are you doing?"

"Reading a book"

"What kind of?"

"Photo"

"How about meeting?"

"When?"

"Tomorrow"

"What time?"

"Ton" "Ten"

"AM? PM?"

"AM"

"It's too early, it has been already 3 am."

"So, PM"

"Too late."

"So, GM"

"What?"

"Between A and P"

 

 

There are few people at 3 am , even in Tokyo.

I put earphone into my ear to escape from loneliness.

I push play button without seeing screen.

Any music is fine, if my loneliness would be vanish.

 

"Negative feeling makes what you are"

I got a message.

She always says so when I said something negative.

She is a student of graduate school, studying photograph.

When we want to see photograph with film camera. negative film is needed to be developed.

So, negative feelings develop me, she said.

I could't understand perfectly.

 

"Both in happiness or bottom of depression , my heart beats equally

Everyone has a lock inside heart, and opens to go on a journey."

 

 

Positive words floated into my ear.

Any songs would be fine, but why this song had been played at first…

My heat beats fast by alcohol when I am bottom of depression.

 

 

I had decided to draw tomorrow

I had decided, at 30, This would be the deadline.

I would get some award and then I would work abroad.

If I couldn't do, I would give up all. I finish all.

 

"This is the proof

 This IS the proof 

 Scarecrow in wind

 I weep

 But I don't want you to misunderstand

 I hadn't given up anything and I can fight

 Live, Live,"

 

…and,live.

I took a breath deeply in night noisy wind in tokyo.

 

、、、、、、、、、、

 

Wind blow silently.

Wind in countryside included something warm and sad.

I lay on a tatami.

Days was continuing, even after I had given up all.

 

Well, what should I do from now on?"

I stood up from the veranda.

"Hey, Why didn't you do anything?"

Shiori came back, holding shopping bag

"I had told you unpacking them during my going out to buy something for cleaning.

"Yes"

"Let's Unpack them"

"Sure"

 

I started unpacking with Shiori.

 

"What should we do?"

She said.

"I still had savings"

"A few.even add mine."

"Anyway, how about drinking beer?"

"We have just started unpacking."

"I become tired."

"What made you tired?"

"Lying"

"Useless man"

"It's better than 'insect' because useless man is "man" at least.."

"What?"

"Let's be useless person.

 

She made a bitter smile.

But, I know.

In the shopping bag ,there are some cans of beer, a bottle of sake, and snacks other than dust clothes and detergents.

 

I took two cans of beer from it, and sit down on the veranda.

Shiori sit next to me.

 

"Cheers"

"What for?"

"The beginning day of ours."

 

We drank beer and see the neighbor's garden.

The young maple tree was standing.

I had come to an end, but had not come to an end.

I will start the days in this place with her.

 

 

***********************************************************************************************

Kohei Matsumoto

 

Web http://ameblo.jp/sing-love-life

Twitter @Koheyheyho

Storyteller in art Vol.2「終わりと始まりの一日」with 松本耕平

「Storyteller in art」

第2回は、シンガーソングライターの松本耕平さんです。

耕平さんは、先週末に本番を終えた、萩谷が脚本を担当した舞台「きざむおと、」に出演してくださいました。最初に現場で「一日」という曲を生で聞いたとき、まっすぐな熱量を持って心に響いてくる歌声に、後頭部辺りが震えた感覚は、明確に残っています。キラキラしすぎていない、リアルな希望を唄う歌、とても素敵です。

そんな耕平さん。今年、5月から一ヶ月の間、唄いに行った事もない、知り合いもいない沖縄に滞在し、現地でライブ活動を行っていたそうです。そして、滞在最終日にはなんと知り合いゼロから、60人を動員するワンマンライブを開催してしまう、という、ものすごいバイタリティーの持ち主でもあります。

 

今回は、そんな彼の歌にインスピレーションを受けて物語を書きました。

挿入歌的に使わせていただいたのは「証」という曲です。

f:id:hagiya4423:20171202230711p:plain

 

 

 

***********************************************************************************************************

 

始まりの一日は、全てが終わった次の日にやってくる。

 

 

新居である築50年の平屋の木造家屋には、今日引っ越してきたばかりだった。

慣れない畳の部屋にぽつりと一人で突っ立って、ぼんやりと所々剥がれた壁紙や、痛んだ柱を眺めていると、体中の力が抜けて行く。

 

30歳になり、地元に帰る事になったが、この歳になって親元で暮らすのもなんだかちょっと嫌だった。かと言って、地元で賃貸というのもばからしい。と、思ったら、丁度親戚が管理している家が空き家になったらしく、格安で住ませてもらえる事になった。人生は目に見えない何かに導かれている、と言うが、どうやら、自分の人生は地元に住むように導かれているらしい。

 

 

 

縁側に立つと、隣の庭が見えた。一本の細い紅葉の木と、横に大きな切り株が見えた。

幼稚園の頃、近所の公園の切り株を毎日眺めていた時期があった。

「ここにある輪っかみたいなものは、ねんりん、というの。これを見ると、その木が何歳かがわかるのよ」

母にそう教えられ、ねんりん、が増えて行く様子を見てみたいと思ったのだ。

毎日、毎日通った。

しかし、ねんりん、が増えていくことは決してなかった。

生きている木しか年輪は刻めない、という事をそこで初めて知った。

 

生きている人間にしか、日々を刻めないように。

 

「さて、これからどうしようか」

縁側に腰掛けて、つぶやいた。さしあたり、やらなければいけないことは、荷解きと掃除。

問題は、その後だ。

仕事を見つけなければいけない、のだが、当てはない。

仕事なんか地元戻れば何とかなるだろう、と、いう感じで帰ってきてしまった。

 

縁側を一匹の蟻がえさを運びながら歩いているのが目に入った。

虫だって、ちゃんと目的を持って、役割を果たしている。

……虫以下。

 

、、、、、、、、、、

 

 

東京にいたときは、絵を描いていた。大学で油絵を専攻して、卒業して、ふらふらしながら時々やっぱり絵を描いて展覧会を開いていた。近所に借りたアトリエで一日を過ごし、絵が描けない日は、近くの立ち飲み屋で飲む。飲んでスッキリ嫌な事を忘れたい、と、いう一心だが、たいていは、血流が加速するのに合わせてネガティブな思考回路が加速するだけだった。

 

「……こんな人生、虫以下だな」

その日もアトリエで一日を無為に過ごし、安い立ち飲み屋でレモンハイをたくさん飲み、帰る所だった。

携帯を取り出す。時間は既に午前三時を回っていた。

まだ、シオリは起きてるだろうか。

LINEを起動して、「トーク」の一番上にあった「シオリ」とのトーク画面を開いた。

 

『描けない』

 

 

『そう』

十秒後に返事が来た。

 

『今何してるれ』『何してる?』

『本読んでる』

『何の本?』

『写真の』

『合おうよ』『会おうよ』

『いつ』

『明日』

『何時?』

『十字』『十時』

『AM?PM?』

『AM』

『もう三時だよ。ちょっと早いよ』

『じゃあPM』

『遅い』

『じゃあGM』

『は?』

『AとMの間をとって』

(既読)

 

返信が来ない。

 

東京もこの時間になると人がいない。

僕は孤独から耳を塞ぐようにイヤホンを耳に入れた。

そして、プレーヤーの画面も見ずに、再生ボタンを押した。

耳を塞げれば、何の曲でも良かった。

 

『ネガティブがあるから今の君があるんだよ。』

LINEが帰ってきた。

シオリの口癖だった。大学院で写真を勉強している彼女は、いつもネガティブな話になると、こう返してくる。

フィルム写真はネガを現像して、初めて、いわゆる写真になる。

だから、ネガティブになって初めて、新しい自分が現像される、と、いうのが彼女の論理だ。

よくわかるようなよくわからないような。

 

『幸せなときも どん底のときも 等しくこの鼓動は脈を打つ

 誰でも一つ たった一つ 胸の奥に秘めた鍵を開けて旅に出る』

 

イヤホンからは、とてつもなくポジティブな言葉の濁流が流れてくる。

なんでも良かったけど、なんでよりによってこの歌なんだ。

僕の鼓動はどん底のときは酒のせいで早くなる。

 

明日こそは描こう。

決めたのだ。30歳。そこがタイムリミットだ。それまでに賞をとる。そして、そのあと海外で作品をつくるのだ。それができなかったら、スッパリ全てをあきらめ、終わりにしよう。

『それが証 これが証 風に案山子 涙流し

 だけど勘違いしないでもらいたいのは

 まだ何も諦めちゃいねえし戦えるってこと

 生きて 生きて』

生きるのだ。

東京の喧騒にまみれた夜風を、大きく吸い込んで、吐いた。

 

、、、、、、、、、、

 

静かに風が吹いた。

田舎の風は、優しくも悲しい物を孕んでいた。

畳に横になる。

スッパリ全てを終わりにしても、日々はまだ続いていた。

 

「さて、ここからどうやって生きていこうか」

僕は縁側から立ち上がる。

「ちょっと、何でなんにもやってないのよ」

帰ってきたシオリは、買い物袋を下げて、あきれ顔で立っていた。

「掃除道具買ってくる間に、荷解きしとくって言ってたじゃん。」

「うん。」

「ほら、片付けるよ。」

「うん。」

 

シオリと僕は、荷物を片付け始めた。

 

 

 

「これからどうしようか」

シオリがぽつりとつぶやいた。

「貯金はある」

「ほんのちょっとね。二人の合わせても」

「とりあえずさ、ビール飲もうよ、ビール」

「始めたばっかじゃん」

「疲れちゃった」

「何に?」

「ゴロゴロしてるのに」

「ダメ人間」

「虫ケラよりはダメ人間のほうがいいね。人間だから」

「何それ」

「ダメ人間になろう」

彼女は失笑する。

けれど僕は知っている。

ぞうきんやら洗剤やらの入ったビニール袋に缶ビールと日本酒の瓶と柿ピーが入っている事を。

 

僕はシオリの持っていたビニール袋から、缶ビールを二本取り出して、縁側に座った。

シオリは隣に座った。

 

「乾杯」

「何に?」

「記念すべき始まりの一日に」

 

僕たちはビールを飲んで、庭に目をやった。

大きな切り株の横にある若い木は、凛と立っていた。

僕は終わったけれど、終わっていない。

これからは、この場所で、この人と、一日一日を過ごして行く。

 

 

***********************************************************************************************************

松本耕平/Kohei Matsumoto

浦和出身。日本全国を旅するシンガーソングライター。

 

 

Web http://ameblo.jp/sing-love-life

Twitter @Koheyheyho

Storyteller in art Vol.1「Here and There」with Tomoka Watabe

This time, I was inspired from a work by Tomoka Watabe, painter.

She studied Japanese painting in college. Now, she makes drawings with paint for Japanese painting and abstract installations.

The work I was inspired is a drawing on glass.

It changes its expression depending on the viewing angle.

 

f:id:hagiya4423:20171125005247j:plain

f:id:hagiya4423:20171125005234j:plain

 

I'm making a "star" in a small island country.

 

This island country is located in center of a big ocean.

There were less than thirty thousands people here.

Here, the climate is calm every season and there are few disasters.

I had been born in the island like this, grown up in the island like this, and working in the island like this.

One fine evening,  I was searching for peaces of glasses which had been washed up on a beach as usual.

 

"How about searching pieces of glass on the beach, and collecting them, then making a sphere shape object? When the work complete, I'll name it "star"."

One month before, I had come up this idea, and started to collect glasses.

Pieces of glass which are washed up on a beach are usually trimmed and frosted.

But, pieces here are not trimmed and clear. They look like just broken into pieces.

When I get glasses, I put them into a small empty can till it gets dark.

I have done it for a month.

Color of glass being penetrated by evening light is so interesting. They change its color depending on the viewing angle. I can see it for a long time.

 

 

The evening sky had complicated color, which is a patchy pattern of pink and orange.

I could see a island which is located over there clearly.

Across the sea, there was another island country,

It takes about 30 minutes by ship.Its size and population are similar to ours.

I had been to the island once with my family.

It was a trip. I had been a small child.

I had remember gazing the beautiful sunset from a hotel.

"Why this island shows different color of sunset from my island?"

I had thought, gazing the sun setting.

Probably, this was because of exciting of my first going abroad.

How things being looked is depending on how we are feeling or thinking.

I can't confirm my idea now.

Because people living this country are banned going to that island country.

 

"Hey"

I heard a voice behind me.

A woman stood there. She was wearing T-shirt, jeans, sneaker.

"Are you doing such a thing today, too?"

"Yes" I answered, seaching glasses.

"It looks endless."

She came to me and saw my can.

She worked at cafe till noon. After her work, she sometimes comes to the beach to take a walk.

We became friends through meeting here.

"You worked at cafe today, too?"

"Yes, boring, there are few people today, too."

She smiled, and bent down, and saw the beach."

"Hey, what do you want to do by doing such a thing?"

She always asks me, like greeting.

"It's praying."

"I can't understand."

"Ah huh."

"Yes, but, it's natural because we are others. Oh, I found."

We can't understand eat other because we are others.

I like her …

She picked up a piece of glass.

 

"We can see the island clearly."

She stopped piecing up glasses because she probably fed up wit it. She stood up and gazed that island.

"Totally."

"I hope nothing will happen."

"I hope, too."

She turned back, and looked up the sky.

The sky had been already dark. I couldn't see the ground.

 

"Ah"

She pointed the sky.

I turned to her, and look where she pointed.

I could see small lights floating in the sky.

Three planes were flying to that island.

"The island will become noisy, too."

"And a lot pieces of glass will come here."

"Yes."

 

Planes gradually came, and over our heads, and to the island.

We were seeing the direction where planes went.

After a while, she saw a piece of glass in her hand.

"Well, this is used for high-class brand furniture.

She showed me the piece. A name of that bland for furniture was written on the piece.

In this beach, there are a lot of things which are washed up because of an ocean current.

That piece of glass may be carried from that island.

 

"We can't buy furniture like that forever, can we?"

I spoke to her with half smile, but she was looking at the glass, then saw the island.

"Oh…"

Some lights flashed above that island.

Our bodies went rigid unconsciously.

We could see flashes on and off.

 

"How long does it last, do you think?"

I don't know, but, according to the news, there is probability for large scale bombing.

"Oh…"

That country was in a state of war.

I wondered how many furniture will  be broken by bombing today and how many pieces would be washed up on this beach."

 

She murmured disconnectedly.

She was with tears in her eyes.

"I don't know why, but, this scene makes me cry.

Her tears were running on her cheek.

She kept seeing over there without wiping them.

"Because, well, I can't say exactly, but…"

Finally, she started crying.

It's usual. She never see bombing without crying.

"Can you understand my feeling?"

She looked at me.

"I can't."

I couldn't cry. I couldn't understand her feeling.

As she had said, others can't understand each other.

She was praying in her own way.

Instead of crying, I was praying in my own way.

By making a "star" with glasses which had been destroyed and carried from that country.

For a while, I was looking flashes.

 

She stood up.

"Here"

She had picked up an orange piece of glass.

I bent down and took at the glass.

We saw the glass together for a long time,

 

She was crying, I was making a "star".

The color of this glass we were watching may be different.

It was not only because of the angle.

 

***********************************************************************************************

Tomoka Watabe

HP  http://porororo888.wixsite.com/tomoka-watabe

 

Storyteller in art Vol.1「あちらとこちら」with 渡部智佳

先日告知をさせていただいた企画「Storyteller in art」。第一回目です!

第1回である今回は、美術家、渡部智佳さんの作品です。(プロフィールは末尾)

 

大学で日本画コースに在籍していた彼女は、現在、日本画の画材を使ってドローイングを描いたり、抽象的なインスタレーションをつくったり、様々な活動をしています。萩谷も、過去、舞台のフライヤーを書いてもらったり、パフォーミングアーツ作品を共に作ったりもしました。

今回の物語「あちらとこちら」の題材にした作品は、ガラスに描かれた抽象的なドローイング。光の当て方や、観る方向によって印象を変化させます。

 

f:id:hagiya4423:20171125005241j:plain

f:id:hagiya4423:20171125005247j:plain



小さな島国で、星を作っていた。

 

 

海の上に存在する、人口三万人にも満たない小さな島。

年中穏やかな気候で、災害も少ない。

私は、そんな島で生まれ、そんな島の学校を卒業し、そんな島で働いている。

ある晴れた日の夕方。私は、仕事を終えて、いつものように、浜辺を歩きながら、打ち寄せられたガラスを探していた。

 

「この浜辺にあるガラスを集めて、それを一つの球体のオブジェにしてみよう。

そして、それを『星』と名付けよう」

 

一ヶ月前。ふと、そんな事を思いつき、私は仕事帰りにガラスを集め始めた。

 

普通、浜辺に打ち寄せられたガラスは、角が削られて、曇ったような独特の色をしている。しかし、この浜辺のガラスは、尖っていて、曇りもほとんどない。ただの割れたガラスのようだった。

そんなガラスを見つけるたびに、小さな空き缶に入れていく。ひたすら。ひたすら。辺りが暗くなるまで。

夕日を透かしているガラス、は、見る角度によってその色を変化させて、面白い。何十分でも見ていられる。

 

 

晴れた夕方の空は、ピンクとオレンジが混じったような不思議な色をしていた。

今日は向こうの島がよく見える。

海を挟んですぐ。船で三十分ほどの所に、もう一つ島国がある。

同じくらいの大きさ、同じくらいの人口の島だ。

 

その国には、小さい頃に一度だけ、家族旅行で行ったことがあった。

ホテルの部屋から見た夕焼けがとても綺麗だった事を覚えている。

なぜ隣合っている国なのに、こんなに見える夕焼けの色が違うのだろう。沈み行く夕日を見ながらそんな事を考えていた

 

多分、初の海外旅行だったから、心が舞い上がっていた、のだとは思う。

気持ちによって物の見え方は変わってくる、とかいうやつ。

しかし、本当にそうだったかということを確かめるすべは無い。

今、こちらの国の人間が、向こうの国に行く事はできない。

 

 

「おーい」

後ろから声がした。そこには、ジーンスにTシャツ、スニーカーの女の人が一人、立っていた。

「今日もやってるの?」

「うん」私は、ガラス探しをしながら、答える。

「果てしないねぇ」

彼女は私の方に近づいてきて、私の缶を見た。

同い年の彼女は、この島にあるカフェで昼まで働いていた。夕方、仕事を終えると、時々浜辺に散歩をしにくる。彼女とは浜辺で何度か会ううちに、話すようになった。

 

「今日もカフェ?」

「そうそう。相変わらず暇だよ。よくあのカフェやっていけてるなって思う」

彼女はシニカルに笑い、しゃがんで地面を眺めた。

「ねえ、そんなことやってどうするの?」

彼女は挨拶のように、毎回私に尋ねてくる。

「祈り、だから」

「よくわからない」

「そう」

「そうそう。ま、他人なんだからわからなくて当然なんだけど。あ、あった」

彼女は砂にまみれたガラスを拾い上げた。

わからない、他人だから。

私は彼女の、そう言う事をハッキリ言えてしまうところが好きだった。

 

「今日も島がよく見える」

一つ拾って、もう飽きたのか、彼女は、ガラスを持ったまま、立ち上がって向こうの島の方を眺めた。

「そうだね」

「今日は、何も無いといいね」

「うん」

彼女は反対側を向き、視線を空の方に移した。

空はいつの間にかすっかり暗くなっていた。

 

 

「あ」

彼女は空を指差した。

振り向いて、彼女の指先を見る、と、小さな光が浮遊している。

三機の飛行機が、島の方に向かって飛んで行くのが見えた。

 

「……向こうの島、今夜も静かじゃなくなるね」

「ガラスもたくさん流れてくる」

「うん」

 

飛行機は少しずつこちらの方に近づいてきて、真上を通って、島の方に向かっていった。

飛行機を追っていた私達の目、は、再び向こうの島を捉えた。

私達はそちらを眺めていた。

少しして、彼女は自分の持っていたガラスを眺めた。

「これ、あれだよね、めっちゃ高級な家具ブランドのやつ」

 

彼女は私にそのガラスを見せた。薄暗い中、目を細めて見ると、ガラスには、小さなロゴが彫られていた。向こうの国で作られている高級な家具の破片だった。

ここの海岸は海流の関係で、向こうの島から流れてきたものの多くが、漂着してくる。

そのガラスも、向こうから流れてきた物なのだろう。

 

「こんなの私達には一生縁がないよね」

私は半笑いで彼女に話しかけた。しかし、彼女は無言でガラスを見つめ、そして、向こうの島を見つめた。

 

 

「あ」

向こうの島で、一瞬、光が光った。

私達の視線と身体は無意識にこわばった。

こわばった視線の先で、連続して光が見える。

「今日は、どれくらい続くのかな」

「わからない、けど、今朝、ニュースで大規模爆撃の可能性って言ってた」

「……そう」

 

 

向こうの島は、別の国と戦争をしていた。

今日は一体、いくつの家具が破壊されるのだろう。

そして、いくつの破片が、こちら側に流されてくるのだろう。

 

「今日は……どれくらい……続くのかな……」

彼女はとぎれとぎれにつぶやいた。

彼女の方を見ると、目に涙を浮かべている。

「なんでかさ、私さ、全く関係ないんだけどさ、毎回見てると泣けてくるんだよね」

涙は頬を伝った、しかし、彼女は拭う様子も無く、向こう側を眺めていた。

「だってさ、なんか、うまく言えないんだけど、なんか……」

ついに、彼女はその場にしゃがみ込んで泣きはじめた。

いつもの事だった。彼女は、爆撃を見ると、必ず泣くのだった。

「わかる?」

彼女は私の方を見た。

「よくわからないよ」

「……そう」

私は、涙を流す事はできない。彼女の気持ちはわからない。

彼女の言う通り、他人同士、わからなくて当然なのだ。

彼女は、彼女なりに涙で祈りを捧げているのかもしれない。

 

 

私は、涙を流す代わりに、私の方法で祈っている。

向こうの国で破壊され、流されてきたガラスで、星を作る事で。

しばらくの間、向こうで明滅する光を眺めていた。

 

彼女は立ち上がった。

「これ」

彼女は、いつの間にかオレンジ色のガラスを拾っていた。

私はしゃがんでガラスを見た。

私達は、無言でガラスを見つめていた。

 

 

泣く彼女と、星を作る私。

彼女と私が見るガラスの色は、きっと違う。

それは、見る角度のせいだけではない。

 

***********************************************************************************************************

渡部智佳/Tomoka Watabe

東京都出身。東北芸術工科大学 日本画コース卒。

10歳、絵描きを志す。2016年から記憶や無意識に眠る色彩や心象をガラスに閉じ込めるシリーズを発表している。

HP  http://porororo888.wixsite.com/tomoka-watabe

【新企画】Storyteller in art

ブログで毎週アップしている短編物語。今週から新企画「Storyteller in art(ストーリーテラーインアート)」が始まります!

ハギヤが様々な分野のアーティスト(絵画、音楽、立体造形、映像、ダンス、インスタレーション、などなど)とコラボレーションして、短編作品を作ろう、というものです。これまで、様々な分野のアートに携わる人々と関わる中で、作家、作品にはそれぞれの世界がある、ということを実感してきました。その世界からインスピレーションを受けて、物語を作ってみたら面白いんじゃないか、ということから着想を得たこの企画。

毎回一人のアーティスト、もしくは、一つの作品から、世界を紡ぎます。 「芸術家、作品の数だけ物語がある!」を、コンセプトに、短編をアップしていきます!

注:あくまでハギヤが受け取ったイメージなので、作品の作家が意図した主題などとは異なる場合があります。それを楽しむのも一興です。

今週、第一弾を公開します。お楽しみに!

#13 "Red"

f:id:hagiya4423:20171117011053j:plain


Blue, It was completely blue.

In the small garage of my house, shutter was closed.

There was a piece of paper which was A3 in size in front of me. It was painted all blue.

Was it sea, night, sky, or mind?

Or all of them? The blue looked absorbing everything.

 

Silent night, the air in autumn was cold.

I was shivering in my sweater.

Cold, but my heart was beating.

It started to wind outside.

The wind struck the closed shutter.

The voice of the world was howling in the night.

 

It was in noon today when I was 19 that I knew that  how a flower base is broken when I punch it.

I had got an e-mail just before. It said  that I had failed to get a work as a dancer..

This was the audition I had taken two weeks before.

Depressed, I had had many times.

Because of irritation, I punched a base in my room.

The base had been broken into a piece with a big sound.

When my mother  came to my room, I stood with back of my hand bleeding.

 

After I had had my mother put an adhesive bandage on back of my hand, I sat in my room without thinking something for a while.

When it became evening, I saw a world map on my room's wall.

 

That's why,

That's why I ran out of my house and went to a store for painting materials to buy blue paint .

And then I went into the garage with the map.

 

I painted the map all blue.

Paint was scattered on the floor and my sweater.

Continents were all sunk into blue.

It was fine.

If I keep seeing one continent, I can't go another one.

 

I could hear sound of the rattling shutter.

The world was howling like shivering.

The creaking sound of the world sounded sad.

I danced with the sound, the world.

Dance, in the lonely sea, night, sky,and mind!

 

My feet was hopping on the floor of the garage and the blue world map.

Blue paint was not still dry, so my feet was getting blue,.

Dance, in the lonely sea, night, sky,and mind!

 

 

The wind had stopped.

The world also had stopped howling.

Only my breath and heart beating sounded in  In the garage like being in someone's womb.

I peeled off the bandage on my hand.

I saw my hand wounded.

 

.

 

A drop of blood fell on the blue world map.